妊娠すると便秘になりやすい

妊娠すると便秘になりやすい

妊娠をするとお腹の赤ちゃんが成長するにしたがって子宮が大きくなり大腸を圧迫しますから便秘をしやすくなります。 妊娠後期になればなるほどこの傾向が強くなりますから、お通じの良い食べ物を心がけて摂るようにしましょう。 下剤は妊娠中はお勧めできません。 血液に吸収されて当然胎盤にもいきますから胎児に全く影響がないとは言い切れません。
しかし、便秘をすると排出されなかった便が腐敗して腐敗ガスを出したり血液が汚れて母子ともに悪い影響が出てきます。 便秘になってしまったら自力排便で頑張ってください。 自力排便を助けるお勧めは、ぬるま湯を使っての排便方があります。 詳しいことはネットで検索することができますから検索して試してみてください。 それと妊産婦検診の時に相談したり、保健所の保健師さんに相談をしても教えてくれます。 それでだめなら、妊婦でも飲める便秘薬があるそうですから医師に相談してみてください。
また、新生児が便秘で新米ママが泣きそうになってしまうこともあります。 母乳の場合はママの食べたものがそのまま影響してきます。 そして、ママが便秘をしていると赤ちゃんも便秘がちになる傾向はあるようです。 しかし、母乳の赤ちゃんのはウンチが少なく、ミルクの赤ちゃんの方が便の量が多いようですから、母乳の赤ちゃんのウンチの回数が少なくてもあまり心配がないようです。 大人の便秘が回数は問題ではないのと同じです。 お通じの良くなるものを積極的に食べながら、気にし過ぎずに赤ちゃんのお世話をすることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加