授乳中の便秘

授乳中の便秘

私も経験がありますが、上の子が生まれて1ヵ月の頃でしたが、酷い便秘に苦しみました。 後にも先にもあんなひどい便秘は経験しません。 赤ちゃんに母乳を上げているときは母乳に水分を取られますからどうしても便秘がちになります。 水分を多めにとるのは、母乳のためにも便秘のためにもいいので、豆乳や麦茶などをたくさん飲むことをお勧めします。 もし、それでもだめな場合は産婦人科へ行って相談してみてください。
夏場に出産した友人は、母乳で水分を取られ、汗で水分を取られて大変だったと言っていましたが、想像がつきます。 とにかく大変なのです。 それで、病院へ行って便秘の治療薬としてマグネシウムを処方してもらったようです。 痔を進行させて新たな悩みを作っても困りますから、むやみに治療薬を拒否しない方がいいかもしれません。 臨機応変に考えるべきかと思います。 マグネシウムは大腸粘膜を刺激させて排便を促進させる一種の下剤です。 産婦人科だけでなく、胃腸科や内科でもマグネシウムの便秘薬は処方してくれます。
また、一般にスーパーなどで売られている食物繊維の食材はほとんどが不溶性食物繊維です。 便秘改善には水溶性食物繊維が効果があります。 そのため、食べ物で便秘を解消するのなら、水溶性食物繊維をとるならサプリメントなどの栄養補助食品で摂ることもお勧めです。 健康食品なら赤ちゃんへの影響の心配はいらないと思います。
とにかく授乳中は水分をたくさん摂ることと、ヨーグルトやバナナなど便秘に良い食べ物を心がけて食べるようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加